ワークフローの自動化

アーリーアクセスはこちら

ワークフロー×テーブル

使い慣れたシンプルな表形式でワークフローを管理でき、データの動きがひと目でわかります。

自動ルール

自動で進行するプロセス

自動ルールは、プロセスのあらゆる要素(データの動き、担当者、通知先、イベントのタイミング等)を快適かつ強力に管理するための方法です。

条件とアクション

「Xの場合に、Yを行う」というルールを設定できます。ほとんどのことが行えます。

割り当て

事前に設定したルールにより、割り当てを自動化できます。

計算

データに対して計算を実行できます。

関数

String関数、Boolean関数、論理関数、その他の演算

メール

ルールに基づいてメールを設計し送信することができます。

マイルストーン

ステップ間でデータがどのように移動するかを決められます。

ワークフローの連携

相互に作用するワークフローを構築できます。

日時

指定された日時にアクションを実行できます。

タスクと割り当て

人をプロセスの中心に

「人」がプロセスの中心となり、担当業務の割り当てと追跡が行われます。

担当割り当て

プロセスの段階、条件、その他の基準によって担当者が割り当てられます。

マイタスクと通知

ユーザーは常に自分の担当業務を把握できるので、対応漏れがなくなります。

用途別のテンプレート

ワークフローをゼロから構築するよりも、テンプレートライブラリで探してみましょう。お客様のニーズに合うテンプレートが見つかるかもしれません。ご利用いただけるテンプレートを多数用意しています。以下はその一例です。

WorkMapを使用するには専門知識が必要ですか?

必要ありません! ウェブ製品の基本的な知識があれば、だれでもWorkMapでワークフローを作成できます。

無料トライアルでクレジットカードの情報を登録する必要がありますか?

必要ありません。ご購入の際にお支払い情報をお伺いいたします。

リリース前にWorkMapをぜひお試しください

アーリーアクセスはこちら